Blog

ブラックアンドグレイ|蛇のタトゥー/刺青

蛇(スネーク)のタトゥー・刺青|意味やデザインについて

こんばんは!ブログ担当のささみです。

おなじみモチーフの紹介!今回は、タトゥー(洋彫り)・刺青(和彫り)などのスタイルを問わず人気の高い、《蛇》についてのブログを書いてみました。

縁起がいいものの象徴とされる《蛇》ですが、スタイルや意味などを解説します。

蛇の刺青・タトゥー

和彫りでは『かいな・背中・お腹』などの場所を問わずハマりやすい蛇。タトゥーではワンポイントの小さなサイズから描かれることも多く、既にタトゥーの入ってる方の※隙間に沿わすデザインも人気です。

( ※タトゥー業界の人の間では、少しの隙間にタトゥーを入れていくことを『隙間産業』とか言われたりもしますよ〜!(笑))

蛇の刺青・タトゥーの意味

強い生命力と、その種によっては死をもたらす程の強い毒を持つ《蛇》は、古来から『畏怖』『信仰』の象徴とされてきました。
現在では『蛇の抜け殻を財布に入れておくと、金運をもたらす』と俗説があるように『縁起物』の象徴として日本で親しみ深いモチーフの一つです。

海外では強い『精神性』や『進化』を持つものとされており、ニーチェの有名な言葉では下記のように綴られています。

『—脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

蛇の刺青・タトゥーのデザイン

そんな《蛇》のモチーフは和彫りはもちろん、洋彫りのスタイルでも広く用いられています。

和彫り(ジャパニーズスタイル)

和彫りにおける蛇は、『かいな(胸割り)・背中一面』など、額彫りの大きな作品から※抜き彫りの単体で彫られることもよくあります。

(※抜き彫り=額を彫らずに、絵柄を単体で彫る技法のことです。額彫りに比べ、よりスマートな印象を与えられますね!)

和彫り|蛇と桜のかいな
作者:彫也

下絵の書き方にもよりますが《龍》や《虎》に比べ、美しくスタイリッシュな仕上がりが特徴です。

作者:彫也

また蛇は、巻き方や動かし方の柔軟性に富んだモチーフですので、他のモチーフとの掛け合わせ方も無限大。こちらの作品は、漢字の存在感を損ねないように、《白筋》で仕上げた例です。

オールドスクール(アメリカントラディショナル)

水夫のタトゥーとして知られる、オールドスクール(アメリカントラディショナル)においても、蛇は100年以上前から愛される人気のモチーフです。

薔薇と蛇のタトゥー|アメリカントラディショナル
作者:彫也

トラディショナルの場合、蛇単体…よりも薔薇やダガー、スカル(骸骨い)などと掛け合わせたデザインが人気ですね!場所を問わず映えますが、ささみ個人的には腕の隙間産業にぴったりです。

蛇のタトゥー|アメリカントラディショナル
作者:彫也

またトラディショナルタトゥーでは、「傷口からモチーフが飛び出している絵面」も定番のデザインで、蛇もしばしば用いられます。
(傷口から飛び出すタトゥーは、ダガーやパンサーも有名ですね!)

黒色だけのブラックトラディショナルで仕上げた場合、さらにシックでおしゃれな印象を与えることが出来ますし…アレンジ無限大なモチーフですね!

リアルタッチのタトゥー

白筋の蛇のタトゥー|ブラックアンドグレイ
作者:彫也

こちらは、リアルなタッチと白いラインが特徴の蛇のタトゥー。写真は施術直後で赤みが目立ちますが、《薄墨》を用いてカラーを入れていますので、白とグレーが落ち着いたらフワっとした仕上がりになるのが特徴です。

控えめなおしゃれを楽しみたい方や、あまりいかつすぎないデザインをお求めの方は、こちらのような白とグレーの作品もおすすめ!

まとめ

今回は、蛇(スネーク)の刺青・タトゥーについてお話してみました。

当スタジオでは、和彫りやトラディショナルを問わない『オールジャンル』で、あなただけのオリジナルの下絵を描き上げます。よくみてみるとそれぞれ表情が変わっていますので、『キリッとした蛇』や『抜け感のある蛇』など、あなたのお好みに合わせてオーダーをして下さい。

では、また次回お会いしましょう!