Blog

カバーアップ

皆様、こんにちは。

大阪 日本橋のタトゥースタジオ NINE STATE DESIGNの彫也です。

今回のBlogはカバーアップについて書いていこうかと思います。

カバーアップの種類

一般的にカバーアップと呼ばれるタトゥーの種類には大きく分けて2つの方法があります。

1つはタッチアップ。

これは現在のタトゥーを元に様々な手を加えてより良いタトゥーにすること。

もう1つはカバーアップ。

これは現在のタトゥーの上から別のタトゥーを被せて現在のタトゥーを隠してしまうこと。

その他、ブラックアウトと呼ばれる手法や、ブラストオーバーと呼ばれるような技術もあります。

彫り師さんやスタジオによって様々な解釈があると思いますが、当スタジオでは現在この解釈でやらせてもらっております。

カバーアップのご依頼について

当スタジオには、日々多数のカバーアップのお問い合わせがあります。

多い時には週の半数以上のお問い合わせがカバーアップ関連などということも。

カバーアップ・タッチアップのご相談の場合は、お電話やメール等ではこちら側が把握できる情報がかなり限られてくるので、彫る彫らないは置いておいてまずは1度直接拝見したいのでご来店頂きたい旨をお伝えします。

そこでご来店頂いてから、現状の確認やご希望の内容、絶対に隠したい部分などをよく話し合い、これまでの経験に基づきタトゥーの性質的にご希望のカバーアップ・タッチアップが可能なのかどうか、難しい場合の打開策などを提案しながらお話を進めていきます。

ご希望の内容が現状に対して困難な場合は、レーザー除去などの方法を止むを得ずご提案する場合もございます。

カバーアップにおいて注意すべき点

個人的な体感なのですが、年数経過したタトゥーは比較的カバーしやすいです。

1番悩むのが、彫ってから1年未満、または数ヶ月といった新しいタトゥーの場合です。

あと、これは上記の新しいタトゥーと内容が被る部分なのですが

質感

という部分です。

この質感というのは、カバーしたいタトゥーがボコボコしていたり肌に対してなにかしら凹凸がある場合のことを指します。

この元の質感というのは僕ら彫り師ではどうしようもありません。

さらに言うと、凹凸がある部分の上からさらにタトゥー(傷) を入れるとより凹凸が強くなる可能性があります。

カバーアップ・タッチアップのご相談でいつも念入りに話し合うのはこの部分になります。

そして次に念入りにお話させて頂くのが、方向性について。

完全に現在のタトゥーを消す方向でいくのか、多少下地が出てもいいから新しく入れたい図柄重視でいくのか。

これは現在のタトゥーの状況やご希望の図柄によって様々となるので、これまでのカバーアップ施術例などをご参考にして頂き、お話を進めていきます。

カバーアップ例 蛇と牡丹 女性

さて、長々と説明しましたがここからが今回の本題。

先日、1つのカバーアップ依頼の作品が完成しました。

ご依頼頂いたのは常連の女性のお客様。

ご依頼内容は当時のパートナーの名前が組み込まれたタトゥーをカバーしたいとのこと。

ご相談にお越し頂いた時に、カバーしたいタトゥーを彫ったのは約1〜2ヶ月前。

当然、ついこの間彫ったばかりのタトゥーなのでバッチリ入っています。それはとても綺麗に。

うーむ、これは困った・・・

全てを踏まえて、これはカバーは無理なのではないかと。

まず、カバーには早すぎる。

仮に図柄は乗せれても、元の質感がより強くなるんじゃないかと。

途中、レーザー除去の話も出ましたがそれは考えていないとのこと。

あと半年くらい待てない?

それは・・・待てない!とのこと

うーむ・・・

入念に話し合った結果、質感は諦める・下地は出てもいい・どうせなら大きい図柄を乗せるという着地点に落ち着きました。

そして、仕上がった作品がこちら

合計3セッションで完成しました。

やはり完全にわからなくするのは難しかったです。実物で見るとほとんどわからないのですが、写真で見るとやはり元の質感がわかってしまいますね。

私の言う「質感」というのはこの部分のことです。

もう少し手を加えればもっとわからなくなりそうだったのですが、これ以上追うのは肌への負担を考えてストップしました。

でもまあ、ご本人も仕上がりに満足して頂けたようなのでよかったです。

今回のオーダー内容は、常連さんということもあり事前にある程度お互いの信頼関係があったからこそお受けできた内容でした。

今後、カバーアップをご検討されている方はキチンとしっかり話を聞いてくれる彫り師さん、そしてその彫り師さんとの入念な打ち合わせを強くお勧めします。

あと、今回の件を踏まえまして当スタジオでは今後パートナーの方のお名前のオーダーは基本お断りさせて頂くこととします。

悪しからずご了承下さい。

なにかご不明な点などがある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

それでは、また。

大阪 日本橋のタトゥースタジオ

<NINE STATE DESIGN>

大阪市中央区日本橋1-9-11 弥生プラザ601

https://ninestatedesign.jp

info@ninestatedesign.jp

06-4708-8998

 

営業時間:13:00~20:00(最終受付19:00)

定休日:火曜日

 

過去ブログはこちらから