Blog

肩〜腕の刺青・タトゥーにおすすめのスタイルは?ワンポイント〜スリーブでオシャレに楽しもう!

こんにちは!ブログ担当のささみです。今回は『腕のタトゥー・刺青』のお話!

『肩〜腕〜手首』にかけては、初めてタトゥーを入れる方にも人気の高い部位。マニアの間でも「全身の部位の中でもかなり”おいしい”場所」として知られています。

今回のブログでは『腕のタトゥー・刺青』をテーマに、おすすめのスタイルや入れ方を、実際の作品を挙げながら解説していきたいと思います。

肩〜腕のタトゥーの特徴は?

腕のレタリングタトゥー
作者:彫也

はじめに、肩〜腕のタトゥーの特徴について、要点をまとめてみました。

  • 大きい作品も入れることが出来る
  • 外側は比較的痛みが少ない
  • 人に見せやすく、隠しやすい
  • 初心者〜上級者までオススメ!

順を追ってご説明してみますね!

大きい作品も入れることが出来る!

足の甲、首、手首等となると、入れられるサイズに制限がかかりやすいですが、肩〜腕にかけては、思う存分その面積をタトゥーに費やすことが出来ます。腕一本でしか表現できないような和彫り/トラディショナル等との相性も抜群で、まさに可能性は無限大。とっても”おいしい”部位ということですね!

外側は比較的痛みが少ない

ファーストタトゥーの方の中には、タトゥーの痛みが心配になって億劫になる方もいらっしゃいます。
でもご安心を。腕の”外側”(肩〜肘下など)は、全身の中でも比較的痛みが少ない部位として知られています。

(※腕の外側はほとんど入っているささみですが、本当に他の部位に比べると痛くないですよ!)

人に見せやすく、隠しやすい

これは結構大きなメリットの一つかと思いますが「服装に合わせてタトゥーを楽しめる」という点では抜群です。入れる場所を、手首まで(和彫りなら七〜九分袖)に抑えると、『長袖なら隠せる、半袖なら見せれる』といった、ON×OFFが楽しめるようになりますね!

初心者〜上級者までオススメ!

要約すると肩〜腕は、「痛みや隠し方に不安な初心者」にも、「大きな作品をファッショナブルに楽しみたい上級者マニアの方」も、皆楽しめるとっても貴重な部位…ということですね!

肩〜腕におすすめのタトゥー・刺青

では、ここからはタトゥーを入れたい方へ向けて、肩〜腕におすすめのタトゥー・刺青のスタイル等をご紹介していきたいと思います!

日本男児!伝統の和彫り/ジャパニーズ

肩〜腕の和彫り|鯉と月
作者:彫也

日本のタトゥースタイルの王道といえば、やはり和彫り/ジャパニーズです。胸〜腕にかけての作品を『かいな』と呼ぶことがありますが、元々『かいな=腕』という意味の言葉なんですよ〜!
(※ちなみに、胸の部分は『控え/太鼓』なんかも呼ばれたりします。)

ご自身のお仕事や『見せる/見せない』も考慮して、彫師さんに相談しながら最適な袖の長さを決めるといいでしょう。

カラーの王道、アメリカントラディショナル

腕のアメリカントラディショナル
作者:彫也

私たちタトゥー好きや、彫師さんの中には『アメトラ/トラッド』と省略されることも。アメリカントラディショナルは別称ではオールドスクールタトゥーとも呼ばれ、アメリカで100年以上前に発生した『水夫のタトゥー』のスタイルを指します。

かつてより、身体の見える場所に好んで彫られていたこともあり、腕や肩との相性は抜群。ワンポイントで少しずつ増やしていけるため、タトゥーが増えていく経過を楽しむことも出来ますね!

シックにキメよう、ブラックアンドグレイ

腕のブラックアンドグレイタトゥー
作者:彫也

タトゥーを楽しみたいけど、「あまり派手なのは…」と考えている方には、ブラックアンドグレイもオススメです。
ブラックアンドグレイは広義で、黒統一のトラッド等をそう呼ぶ方もいるのですが、ここでは少しリアルなタッチの、滑らかなタトゥーのことをご紹介します。

モチーフの自由度が高く『好きな物をどんどん腕に入れていきたい!』という場合でも綺麗にハマるため、初めての方にも非常にオススメのスタイルです。

まとめ/最後に

ここまでお話しましたが結局のところ、何のスタイルでも腕は綺麗にハマりやすいかなと個人的には思っています。上で挙げたようなスタイルは、腕一本にすると『おお〜。』っとなるような『スリーブの王道』…くらいに考えてくださると幸いです。

『腕に入れたいんだけど…』とモチーフやスタイルを迷われている方でも、要望を元に当スタジオの彫也がカウンセリングを致しますので、まずはお問い合わせ下さいませ!

では、ささみでした!また次回。